映画

    1 : カナダオオヤマネコ(東日本) 2013/07/06(土) 15:11:51.90 ID:RRLADhPR0

    誰しも素敵な映画を見ると気持ちが高ぶるもの。異性と一緒に見ると、隣にいる相手に対し普段と違う
    感情を抱くこともあるでしょう。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに
    「女性が『ふたりで見たら恋に落ちそう…』と感じるキラー映画」をご紹介します。
    【【アンケート】「ふたりで見たら恋に落ちそう…」と感じるキラー映画9つ】の続きを読む

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 21:42:57.18 ID:wPcGSRPF0
    例えば○○組と××組の対立を軸に描いてるとすると、
    まず誰が○○組の構成員で、誰が××組の構成員なのか分からなくなって
    そんで○○組から裏切ったりしたヤツが出てくるとますますこんがらがって理解できなくなる
    【ヤクザ映画の上手な観かた教えて】の続きを読む

    1 : ジャガーネコ(秋田県) 2013/05/03(金) 22:12:44.56 ID:bNzQVBnKP

    【相談者:20代男性】
    初めまして。僕はバイの大学生で、LGBTをテーマにした映画をいろいろと見てみようと思っています。でも、どんな映画にしようか
    迷っているんですが、なにかオススメの映画があればぜひ教えて欲しいです。よろしくお願いします。
    【ノンケでも気軽に見れるホモ映画(驚愕)】の続きを読む

    1 : ボルネオヤマネコ(千葉県) 2013/05/06(月) 11:39:13.67 ID:pvyVn1m50

     『キック・アス』(10)のヒットガール役を当時11歳で過激&キュートに演じ切り、一気に若手人気女優の仲間入りを果たした
    美少女クロエ・グレース・モレッツ(16)。その後はファッションアイコンとしても人気の彼女だが、
    本人はいたって普通のティーンエイジャーだそう。
    【キック・アスのヒットガールが16歳に・・・・時の流れは残酷?・・・】の続きを読む

    1 : キジトラ(埼玉県) 2013/04/25(木) 15:26:09.66 ID:mzQS/cbqP

    マイケル・ベイ監督が「アルマゲドン」について謝罪
    2013年4月24日 11:1
     「トランスフォーマー」シリーズで知られるヒットメーカーのマイケル・ベイ監督が、1998年の大ヒット映画「アルマゲドン」について謝罪したと、マイアミ・ヘラルド紙が報じた。
    【アルマゲドン監督のマイケルベイ 「アルマゲドンは後半が糞すぎたから作りなおすわ」】の続きを読む

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/22(月) 20:51:50.79 ID:PJR4ddUO0
    この映画を3回見て作り込みっぷりに感動して泣いてしまった

    そこでここに俺の考察を書いていこうと思う

    ちなみにネタバレだし映画を見た人向けに書くから見てない人は先にレンタルででも映画を見てほしい

    まぁただのオナニーだし、書きためしかないから間違ってる所もたくさんあるがそこは大目に見てくれ

    ただ量がすごいことになったので読みにくかったら言ってくれ


    【【ネタバレ注意】映画「桐島、部活やめるってよ」が凄すぎる件】の続きを読む

    1 : オリエンタル(茸) 2013/04/16(火) 14:06:52.10 ID:LR8NsPtW0

    『戦闘妖精・雪風』は、1979年から『SFマガジン』に連載されたSF小説。
    1984年に文庫本にまとめられ、今もなお日本SFの金字塔として多くのファンに愛されている。
    2002年にはGONZO制作でOVA化も果たし、東京国際アニメフェアの東京アニメアワードで
    優秀作品賞を受賞、その高いクオリティは国内外のアニメ通を唸らせた。
    【小説『戦闘妖精・雪風』がトム・クルーズ主演で映画化】の続きを読む

    1 : シャム(東日本) 2013/03/30(土) 14:28:48.04 ID:5JeBdDkq0

    作家・殊能将之さんが死去 49歳 映画『ハサミ男』原作者 2013年3月30日 14時09分

     [シネマトゥデイ芸能ニュース] 作家の殊能将之さんが今年2月11日に死去していたことが明らかになった。49歳。

     学生時代から親交があったという書評家・翻訳家の大森望が30日、ツイッターで「ミステリ作家の殊能将之氏が今年2月11日に亡くなりました。享年49。
    ご遺族の意向で伏せられていたそうですが、殊能氏と縁の深い雑誌『メフィスト』の最新号に訃報と追悼記事が掲載されています」と明かした。同誌は4月に発売される。

     殊能さんは福井県出身。1999年に「ハサミ男」で第13回メフィスト賞を受賞してデビュー。その後は「美濃牛」「鏡の中は日曜日」といった作品を発表したが、長編小説は2004年の「キマイラの新しい城」を最後に発表が途絶えていた。
    2005年にはアヴラム・デイヴィッドスンの短編集「どんがらがん」の編者を務めた。また、デビュー作「ハサミ男」は麻生久美子・豊川悦司出演、池田敏春監督で2004年に映画化されている。

     作品を発表しなくなってからもオフィシャルサイト(閉鎖)やツイッターで近況を報告。
    死の3日前、2月8日には兄が脳出血で死去したことを明かしており、「バタバタに加え、パソコンの調子が悪いのでしばらくツイートできません」「んじゃまた」とツイートしていた。(編集部・福田麗)

    http://www.cinematoday.jp/page/N0051667



    【【訃報】ミステリー作家・殊能将之さんが死去 49歳 映画「ハサミ男」原作者】の続きを読む

    このページのトップヘ