1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:00:49.36 ID:6+JS7K2j0
読者視点というものをすっかり失ってしまった俺からお前らに質問があるんだけど、
今の日本において、「悲劇」ってどういうもんがあると思う?

なんかもう交通事故とか病気とか虐待とかイジメとか、
そういうのしか思いつかないんだけど、そういう記号的な悲劇って
書いてる側からしても「またそれかよ」って感じでうんざりなんだよね


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:01:29.60 ID:k5I17fEj0
お前にネタが浮かばないことが悲劇だな


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:02:37.71 ID:0u8AC2UE0
よくわからないけどさっさとかけ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:03:11.73 ID:Wuu1UR/d0
禿

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:03:33.07 ID:6TpSHfsU0
晩飯が3日連続カレー

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:04:00.67 ID:S6hInXOk0
俺たちをモデルにしろよ
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:06:36.34 ID:6+JS7K2j0
実際さ、今の世の中で一番ポピュラーな悲劇って、
漠然と劣等感を感じてることって言うか、
マイナスがない代わりにプラスも一切ないような、
そういう状態の人たちなんじゃないかなあとも思うんだよね
でも今俺が書きたいのは、ガキでも分かる悲劇なんだよなあ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:09:51.00 ID:BE3PHug60
>>15
そんなら好きな子が転校とかじゃダメなの
実際体験したときトラウマになりかけた
21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:14:08.14 ID:6+JS7K2j0
転校したなら会いに行けばいいし、メールやらラインやらあるし、
そういう悲劇のショックって今の世の中あんまり説得力ないんだよな
もちろんあんたのトラウマを軽く見てるわけじゃないんだけど


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:07:34.94 ID:jzgA8bjS0
誰が悪いわけでもないのに
つらい結末になってしまうのが悲劇
登場人物みんなが必死で色々事情があると現実味がある
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:12:18.17 ID:6+JS7K2j0
そうそう、そういうのが理想なんだよ
憎む相手がいなけりゃいないほどいいんだよな



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:09:22.63 ID:S6hInXOk0
決して叶わぬ夢でいいじゃん

主人公が健気に頑張ったてたら泣くよ?
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:12:18.17 ID:6+JS7K2j0
そういうのも実際悲劇だとは思うんだけど、今回はなんていうか、
両手両足もげてる盲人が聞いても「そりゃ悲しいっすねえ」って思えるものにしたいんだ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:17:30.36 ID:y6ahUhASO
逆にすごい小規模な悲しみをドラマチックに書いたらどうだろう
「すごい小規模な喜びをドラマチックに書く」「すごく小規模な怒りをドラマチックに書く」てジャンルは確立されてるから
喜怒哀楽の哀にも当てはまるんじゃないかね
26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:22:25.42 ID:6+JS7K2j0
言ってることはすごくわかる、わかるんだけど、今回は編集側の意向で、
鋸で自分の首切って死にたくなってもおかしくないくらいの悲しみを作らなきゃいけないんだ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:32:16.28 ID:y6ahUhASO
>>26
それはもう悲しみとは違うジャンルの感情だと思うけど
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:35:33.04 ID:6+JS7K2j0
確かにここまで来ると悲しいってよりは絶望とか発狂の部類に入るか
なんにせよ、拳銃が目の前にあったらヨッシャでバキューンしたくなるようなやつにする必要有


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:17:37.54 ID:05q8L9UB0
感覚失うてのはどう?
病気でひとつずつ五感が失われて行くの



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:19:45.31 ID:05q8L9UB0
現代だとペット関連が悲劇ぽいよね

ペットが主人に邪見にされてもかまって欲しくて何かするとか



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:32:29.67 ID:6+JS7K2j0
俺が今考えてるのは、精神的な要因より肉体的な要因の方が説得力あるだろうなってことで、
好意を持ってる相手が絶望的に醜い姿にされた上で殺されたり、
ピアノコンクール優勝した奴が指一本一本潰されたりみたいなやつなんだけど、
それはそれで作為にまみれてて嫌な感じがするんだよな、もう何を書けばいいのやら



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:34:44.59 ID:YTzi5XZr0
>ピアノコンクール優勝した奴が指一本一本潰されたりみたいなやつなんだけど、

どうでもいいけど藤原伊織の「雪が降る」を思い出した
これ好きなんだよな
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:37:14.48 ID:6+JS7K2j0
なんか自分でも見覚えあると思ったらそれだ
テロリストのパラソルとか昔読んだことあったわ、懐かしい


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:38:13.64 ID:1E+fl+CL0
女なら精神的要因
男なら肉体的要因
がそれぞれ共感を呼びやすい



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:19:31.84 ID:S6hInXOk0
実際に悲しい状況を味わったことのない人間が作為的につくった悲劇なんてただの嫌味にしか見えない

って悲劇好きの虚淵が言ってた気がする

悲劇なんて書けるの?
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:26:21.94 ID:6+JS7K2j0
虚淵はすごい人だと思うし、昨日も俺まどか見て泣いてたんだけど、
俺個人の考えを言えば、シミュレーション能力高い人間なら
およそ人間の味わいうる全ての感情は想像できるもんだと思うよ

逆に自分の経験に重きを置きすぎるやつは、経験したそこまでは書けるけど、
経験したそれ以上のことが書きにくくなったりするもんだと思う

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:38:34.44 ID:S6hInXOk0
>>27
さすがにそれは自惚れすぎじゃないか?

目の前で家族を殺された人の気持ちも山で遭難したとき味わう孤独も全部本人にしかわからないものだと思う

今世に成り立ってる悲劇はほとんどがSFだと思う
本人にしかわからないからこそ受け手も発信者も気づかないままSFが成り立つ

シミュレーション能力が高いって言うけどそれは今まで見てきた物の寄せ集めじゃない?

俺作家じゃないからよく知らないけど
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:44:23.86 ID:6+JS7K2j0
情報ってさ、基本的に情報の組み合わせでしか作られてないんだよ
その最小単位を知らないならその先の情報は作れないだろうけど、
基本的にはどんな物事も分解すりゃ俺らのよく知ってるものの寄せ集めなんだ
変な偏見持たずに地道に情報組み合わせてれば、そのうちそこには行きつくもんだと思う

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:56:28.97 ID:S6hInXOk0
>>37
陽の下に新しきものなしってのはわかる

今の世に出てる作品と呼ばれるもののほとんどが過去作の改良版、改悪版だし模写だってあるかもしれない

ほんとに新しいものを書いてもそれはサンテグジュペリとかみたいにほとんど自伝みたいなもので人によってはつまらなく感じる作品になる

要は人を楽しませれば作家の本分はまっとうできてるわけだけども
そのためにはやっぱり作家が登場人物に感情移入できる範囲でつくったものの方がいいと思う

特に悲劇はリアリティーが抜け落ちたらほんとにつまらないものになるから
50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:02:19.09 ID:6+JS7K2j0
感情移入できる範囲ってのが自分の経験した感情の範疇に
留めろっていう意味なら、俺はそりゃ全然違うと思うな
作り手ってのは何よりまず、自分を驚かせないと駄目だと思うぜ
情報を組み合わせて新たな価値を創出して、書いた後で、
「自分の中にこんなものがあったのか」って感心するくらいじゃないと


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:39:04.46 ID:uV1Kwouk0
悲劇の内容よりいかに登場人物に感情移入をさせるかが大事だと思うけどな
どんな悲しい事でも悲しんでるのはその登場人物なわけだし
俺は登場人物の悲しみが想像できて理解できればそれで切ないし
できなきゃ何とも思えない
39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:49:16.61 ID:6+JS7K2j0
そりゃ感情移入は前提よ、「あー、こいつには幸せになってほしいな」って思わせた上で、
読者もせーので自殺したくなるような絶望を書きたいなーって思うわけ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:46:49.99 ID:k2TNL5PZ0
最近起きた悲劇は、夢が見当たらないことに気づいてしまったということです。

うわああああああああああ



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:57:44.76 ID:faUxN1fm0
自分自身の本質と理想の乖離が悲劇だと思う
不幸が降り掛かってくるのは確かに悲劇かも知れんが
そこから何とでもなりようがあるからな
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:10:25.36 ID:6+JS7K2j0
実際そりゃ十分に悲劇だとは思うんだけどさ、
そういうインドに行ったら解決できそうな類の悲劇は現状じゃノーサンキューだわ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:59:16.63 ID:k6S5dcSX0
悲劇を見て喜んでる人間がいるという悲劇


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:59:38.04 ID:k2TNL5PZ0
どこの出版社?レーベルとかもできれば
56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:16:50.77 ID:6+JS7K2j0
弱小中の弱小、でも皆名前は知ってる、そういうとこ


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:01:13.35 ID:rQvFyMB/0
俺だったら整備員のミスでテストパイロットの腕圧し折らせる
テストパイロットが意外と早く復帰すると尚いい



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:55:25.08 ID:bhaje24a0
やったねたえちゃんの作者が書くものは悲劇そのものだと思う
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:56:54.57 ID:6+JS7K2j0
あれは見方によっては欲望が解放されてモラルが破壊されて非常に楽しいのでだめです

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:58:11.21 ID:1E+fl+CL0
>>42
それは作者が上手く読者をたえちゃんに感情移入させる事ができなかったから
51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:04:55.16 ID:6+JS7K2j0
あの話でたえちゃんに感情移入させてどうするんだよ
男に感情移入させろよ、抜かせろよ、エロ漫画だぞ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:05:50.27 ID:1E+fl+CL0
>>51
そういえばそうだったなwww
皆あまりにも悲劇悲劇いうから抜き漫画だという事を忘れてた



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:08:07.44 ID:bhaje24a0
抜いた後にもう一回読めよ

やったねたえちゃん

引用元 http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364641249/