1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:26:51.14 ID:KCbw+Nu10
どうぞ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:28:34.58 ID:x9uEyblU0
ネットの進化、そしてソーシャルメディアの爆発的普及によって、テレビや広告などによるイメージ操作は、ほぼ効かなくなった。
ウソや誇張はすぐに検証され、バレてしまうからだ。
商品もサービスも、そして人間までも、その「中身」が可視化され、丸裸にされてしまう社会の中で、もはや人々は見栄や無駄なことにお金や時間を使わなくなる。
そして、大量消費的な流行に流されず、衣食住すべてにおいてより本質を追求するようになる。
この社会の“新しい次元”に、僕らはどのようにコミュニケーションと生き方を変化させ、対応していくべきなのか。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:28:43.62 ID:aPoOsX160
灰とダイヤモンド
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:30:43.43 ID:uSLJke+rO
>>5
どちらも極限状態では何にも役に立たず、無価値なものである
よって灰とダイヤモンドの価値は同等である
って奴だったっけ?


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:29:57.70 ID:HkYvB6Vn0
人間は賢いが賢い分だけバカでもある
例えばわざわざ生存が難しい様な地域に足を踏み入れたりする
動物はそんなバカな事はしない


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:31:39.13 ID:q9qpvGZO0
各細胞は三ヶ月で死ぬ
つまり三ヶ月前の自分と今の自分は別物



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:33:31.50 ID:wETcf9ek0
犠牲無き世界など ありはしない

気付かないのか

我々は

血の海に 灰を浮かべた地獄の名を

仮に世界と

呼んでいるのだ
51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:16:52.71 ID:X5ihHrwm0
>>14
師匠!!
131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 08:27:45.57 ID:vqzMnG390
>>14
これパクろっと



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:36:35.35 ID:q1wpkJfZ0
人って何で生殖行為をしたがるんだ?

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:41:36.85 ID:Hb/p5Yej0
>>19
あらゆる生物の最終目標だから


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:44:37.40 ID:KCbw+Nu10
>>23
子孫を残すことが?


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:44:37.55 ID:q1wpkJfZ0
>>23
なぜそれが最終目標なのか?って話になるで





21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:39:22.90 ID:RGTT4vOk0
人生は運命ですべて決まっている

決定論に従い生かされている



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:40:33.09 ID:jaEQl0eu0
知る人は語らず
語る人は知らず



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:45:54.27 ID:pWpyNe2+0
説明できることは科学ですべて説明できる
それ以外は感じることのみによって存在する




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:47:13.31 ID:8i6jZ5qTP
以前のこと、わたしは夢の中で胡蝶となった。喜々として胡蝶になりきっていた。
自分でも楽しくて心ゆくばかりにひらひらと舞っていた。人間である自覚はまったくなかった。はっと目が覚めると、これはしたり、人間ではないか。
ところで、私が夢の中で胡蝶となったのか、自分は実は胡蝶であって、いま夢を見て人間となっているのか、いずれが本当か私にはわからない。
人間と胡蝶とには確かに、形の上では区別があるはずだ。しかし主体としての自分には変わりは無く、これが物の変化というものである。



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:47:33.31 ID:7SU8hptS0
「死にたくない」と「子供がほしい(セクロスしたい)」は種の保存として考えたら同じ欲求




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:49:34.30 ID:KCbw+Nu10
つまり自分たちの種族の永遠じゃなくて自分の命の不老不死を求めるのが最終目的なんじゃない?

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:52:34.42 ID:HkYvB6Vn0
>>31
種族の永遠は本能
それに反しようと個人の不老不死を成そうとしてるのが科学
進化の過程で人間は本来の生き物の姿から逸脱しつつある


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:55:05.56 ID:KCbw+Nu10
>>32
その本能を科学で解明することはできないのかな?
種族の永遠を願って結局何になるのかわからない


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:58:39.80 ID:AujAQeCh0
>>33
科学ではないけど
元は全体を通して魂は一つ
その魂が永遠に存在し続けるために肉体を進化させ分岐し極限でも生き続けられる状態を模索している
っていうのはどうだろう


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:11:40.88 ID:Hb/p5Yej0
>>38
分化され続けた魂は最終的に
どこに向かうのだろうか


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:14:53.94 ID:AujAQeCh0
>>46
いや魂は分化してないイメージだった
魂がシムシティのプレイヤーで生命が住人みたいな
プレイヤーの目的は永遠シムシティに住人を住まわせることでそのためにゲーム内のあらゆる環境変化に対応させるために色々な住人を作って切磋琢磨させる感じ




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:59:47.14 ID:/P82/IvpO
知らないことは全て怖いと認識される


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:06:44.28 ID:tMBr6qGUO
すまん、哲学絡むんだけど
優しい人「ニートだけど幸せになりたい」
ってスレを立ててくれないか?
規制中で立てられないんだ。


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:07:46.44 ID:x9uEyblU0
>>42
ニートだけど幸せになりたい
http://tureduregusa.doorblog.jp/archives/25377031.html

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:13:58.76 ID:tMBr6qGUO
>>43
ありがとう。優しいね。



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:09:25.56 ID:/M4oWp3bO
人間が何故、生殖を本能とするのか
大まかに言えば本能には自己の維持と種族維持であり、本能的に維持を望むように出来ている

逆説だが、維持を本能として最優先に組み込まなかった生き物は今日まで存在することが叶わなかった
現存する生き物はどんな形であれ生き残ること、種族を残す為に子を作ることを本能としているから、人間にも性欲がある


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:13:32.98 ID:CoFuvQ0A0
コンドームが欲望と快楽を切り離したと思うの

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:14:39.21 ID:pWpyNe2+0
ここで種族の繁栄うんぬん言ってる奴

ウィキペディアの進化論の項目を読んでこい。
哲学も大事だが基礎的な知識も大事だぞ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:24:44.60 ID:Zw4KGnq50
もはや人間は種の繁栄を目的に生きていない



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:31:59.18 ID:bxMOc2SW0
光は不純物だし、固体も液体も気体も不安定な存在
きっと、何もない空間こそが正しい状態で
そこに戻ろうとする途上がこの宇宙なんだと思う




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:34:09.15 ID:wcea++JK0
ちん●んは射精する

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:49:39.31 ID:tX4j18NM0
意識は情報を処理している過程の副産物
人間と動物の最大の違いは情報を形によって残す技術が高いこと、今では離れた場所に情報を伝えることもできる
場所、時間(現在、過去)に関係なく情報を集約したものが今の人間であり
本能から背くような行動は膨大な量の情報処理をエラーしたものである
と宇宙人のおっさんが言ってた


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:51:18.86 ID:wM5+vvGG0
「○○は俺の嫁」
いわゆるネットスラングの一種である
大抵○○には二次キャラが入る
もし○○を二次キャラであると仮定した場合、この命題は「真」であるか?「偽」であるか?
結論を先に述べると、これは「真」である
何故か?ヒントは“二次キャラであると仮定”このセンテンスだ
もちろん二次キャラは「現実には」存在していない
よって、「○○は俺の嫁」これは妄想であることが導かれる
ここまで来ると、何故「妄想」であるのに「真」であるのかと疑問を抱く諸君もいるだろう
答えは簡単だ、「妄想」であるからだ
諸君は「妄想」が現実世界と同軸上に存在している(つまり、脳内で繰り広げられる映像かそれに準ずるもの)
と考えられるのかもしれない
しかし、私はそれとは別のアプローチで「妄想」を考えてみようと思う
つまり、「妄想」は現実世界と非同軸上に存在すると考えるのである
もし、現実世界でバイオハザードが起きたとしても、妄想が出来なくなるわけではない
もちろん現実世界の状況が妄想に影響を及ぼすことは至極当然であるが、あくまでもそれはプロクシを通すようなもので
すべての情報がダイレクトに伝わる訳ではない(精神病者を考えてもらうと解りやすいのではないか)
これらの理論より、私はこのように思ったわけである
妄想は現実世界と非同軸上に存在すると考えた場合、現実世界の情報は恣意的に排他される
よって、「二次キャラは存在しない」という「現実世界では」ごく当たり前の前提でさえ、妄想上では全く意味を為さない
その為、妄想の上では幾ら二次キャラを出現させようが、何れからもお咎めを受けることはない
これらの理論より、妄想上では二次キャラと結婚できる可能性はゼロではない
よって、この命題は真となる

Q.E.D.



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 05:04:32.69 ID:9xsf1CvjP
自分の視野以外に世界は存在するのか
79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 05:07:45.37 ID:/M4oWp3bO
>>76
なかった場合は、少なくとも世界の観測者である自分は特異点的な存在で、自分に観測されなければ存在しなくなる
つまり世界は俺の物で俺次第!



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 05:44:07.04 ID:i91xzg6W0
男は女を馬鹿にする
しかしそれはアナログ式単体生命存続から脱しようとした女の思惑の中

男を優秀にすることによって、元の女性の劣化もアナログコピーから解き放った女性の勝利


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 05:46:43.88 ID:eyi9HYzn0
>>89
つまり新しい可能性の為にあえて馬鹿になったということか


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 05:52:32.53 ID:i91xzg6W0
>>90
うん、生命は元は女性単体だけだったんだ
でも自らのコピーはアナログだから子供は必ず傷ができて劣化する
そうなると生物は劣化し続ける
そこで女性が考えたのが別の性の個体を自ら生み出して掛け合わせることで劣化を防ぐ事
だからどんな人間も最初は女性の形態してるんだよ
女は馬鹿wwとか笑ってるけど人類が進化するにはそれが自然なんだよ
男が劣化してたらせっかくの思惑がおじゃん


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 05:52:31.65 ID:/M4oWp3bO
>>90
それは色々な事に言える面白い事象
サボるアリや、女を意図的に遠ざける男とか本能的でない行動をとる者、ひいてはニートも可能性によって生み出された動物的に自然なものかもしれない



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 05:53:22.39 ID:f87a2JxO0
人間の体は元々みんな女がベースだからつまり「男」とは「女+α」の性別
女はXX染色体で男はXY染色体
男は改良型で女は初期型
だが改良型が良いとは限らないからベースとなる女はそのまま


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 06:09:37.76 ID:/M4oWp3bO
>>96
男にも乳首あるから男より女が先じゃね?ってアレか
遺伝子的にベースと言えるのが何かってのが論理的な話で色々あったんだろうけど、男で決着ついたんだっけ?




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 06:07:11.09 ID:cSrOjNDOO
俺たちは炒飯のご飯つぶの中の世界にいる


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 06:21:35.25 ID:iSy4vNJU0
若者がどうしてツイッターなどで未成年飲酒行為等のバカな書き込みをしてしまうのか
それはネットが「発信するもの」であるという認識がなく、「受信待ち」だと認識しているから
相手がなんらかの反応をよこすまで、自分が発信しているという自覚がないのである
結果、snsなどを「狭いコミュニティ内での情報交換」だと思い込みがち
哲学じゃないね



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 06:22:59.20 ID:JDP5MpWk0
自分が死んで自分の見ている世界が見えなくなったらそれは世界の死なの?
112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 06:32:12.08 ID:/M4oWp3bO
>>109
他者が同一の世界を観測していて思考が伴うと証明できない場合は、世界は消える可能性もあるってこと
哲学者は死を観測したいのか自殺しがち


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 06:31:24.19 ID:iSy4vNJU0
なぜ人は自然を見て綺麗だなどとぬかすのだろうか。自然とは常にそこにあるものではないか。
それはきっと、人が如何につまらない生活をしているかを示している。
今自分がやりがいのある楽しい仕事をしていれば、夜空を見上げて綺麗だなんて言わない。その暇があるなら仕事に没頭するはずだ。
つまらない鬱屈した生活をしているほど、自然が綺麗だと錯覚してしまうのだろう。

帰り道に道路端に咲く草花を見て「きれいだなあ」と思いますか?
もしそう思うなら、精神状態や周囲の環境はそれだけ優れていないのでしょう。


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 06:40:22.95 ID:/M4oWp3bO
>>111
綺麗だ。そう魅力的に思う感情は様々な形があるとは思うが、それ自体の貴重さに裏付けされるものではない
揺れる炎、星の光、どれもありきたりで当たり前のものではあるが古くから人を魅了してきた
子供心にはキラキラ光るガラス玉が何故か特別な物に感じることは、より本能的なところからくるもので、精神状態には左右される物ではない


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 06:51:28.89 ID:iSy4vNJU0
>>115
「自然が美しいかどうか」が問題なのではなく、それに気付くかどうかの問題。
道ばたの草花には意識が向かず、自分のことを思案しているほうが健康的だと言える、と思う。

必ずしも絶対にそうだとは言わないけど、「ほら、まわりに目を向けてみればそんなちっぽけな花も美しい」
なんて考える状態が正常だとは思えない。美しさへの気付きは大切だが、本来忘れているほうがよいと思う


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:00:17.83 ID:/M4oWp3bO
>>118
個人的には自分のことを思案している状態よりも、他の事に目を向ける精神的余裕がある状態の方が健康的だと思うよ
空を見上げる事は大人になるにつれて減っていき、都心部のような社会人になるほど少なくなり足元ばかりを見ているという研究があったけど果たして、どちらが健康的なんだろうか
しょうじき社畜的な偏った幸福感が見えて少し心配になるんだが


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:28:21.65 ID:iSy4vNJU0
>>119
仕事ってべつに金稼ぎとかの仕事のことじゃない。自分がやるべきこととか、やりたいことのこと。

仕事がつらいことだとかいうのはテレビとかの洗脳なんだろか。
仕事をしていない休みの時間のほうが幸せってのが普通というのは如何に日本が労働に対して鬱屈した見方をしているかわかるな。
余暇ってのは必ずしも労働時間の余事象ではないし、そこに幸せがあるわけでもない。
生き甲斐とかそういうことに幸せを見いだす方が健康的だと俺は思う。


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:50:43.72 ID:/M4oWp3bO
>>129
もはや完全に個人の価値観や幸福論に…
1つ言えるのは子供時代の幸せは仕事や生き甲斐に関係のない物だったりする
しかし特に団塊以前の世代には仕事こそ自身のアイデンティティーを形成するものであり、働くことこそ生き甲斐であるとする世論が強かったように思う
それを職人気質や美徳として誇ることも素晴らしいが、あくまでそれ自体が世論に影響された物であり、本質的には前述したような純粋な幸せとは違う物とも思うよ

とは言っても結局のところ幸福感は個人によって大きくことなるし、何が正しい訳ではない
しかし、空を見上げる人は不幸であるとするのは偏った主観に基づく意見だよ





120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:05:50.44 ID:+y9GhTPy0
カントは判断力は先天的な才能であり訓練では矯正することすらできないと仮定している
その根拠として官僚制度の無能さを挙げている
これにたいしてアーレントもナチのアイヒマンを例に挙げある程度賛成の立場を取り問題はどのような試験制度をとったとしても判断力の無い人間を責任がある立場につけないようにはできないことだとしている
だがこの意見はそもそも教育という概念の不毛さ
さらにいえば啓蒙の不可能性を指摘しているのではないだろうか
私が問題としているのは教育や啓蒙といった手段を取っても判断力が養われないという立場をとるなら
それは優性学とどう違うのだろうか?ということである


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:27:16.47 ID:/M4oWp3bO
>>120
私ならば教育による判断能力の向上が認められないという自身の仮定を覆す他ないと考える
そもそも判断能力とは主観によって大きく評価の変わる物であるし、主観の統一が出来なければ、正しい評価は難しい
よって教育の精度を高める事で判断能力の向上を可能にするか主義主張の統一をはかるように働きかけるべきだと私は考える




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:08:18.97 ID:NUg6GmeV0






122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:10:15.54 ID:gSeQDi0r0
普通のことを難しく考えるだけで哲学的になる
生きている→何故生きているのか?これは永久の命題とかいう風に


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:25:11.95 ID:f87a2JxO0
>>122
哲学だけでなくあらゆる分野できちんと考えられた難しいことすると人から評価される
でも基本的には人間であることには変らないのにな




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:17:43.13 ID:OFMNhFJH0
「カラスは黒い」という証明はカラスを一匹も調べずとも出来る



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 08:44:07.31 ID:p/0FLFQy0
スワンプマン、という話がある
泥が突然変異して生まれた、自分とまったく同じ顔、人格、記憶、分子構造をもった「物」は自分か?というものである
「自分」がその「物」を知覚している時点で自分自身の意識の観点から見ると、その「物」は自分ではないということがわかる
では、「一ヵ月後の自分」は「自分」であるか?あたりまえのことだが自分である
一ヵ月後の自分は今の自分ととても異なる分子構造や記憶を持っているにもかかわらずである
これらのことから、顔も記憶も人格も分子構造も「自分」を決定付ける要因たりえないことがわかる
ならば自分を自分と確定させるに足りる要素とはいったいなんなのか?

「魂」の考えの誕生である



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 08:46:01.78 ID:YZ4OYWIE0
哲学について知りたいのならフランス語で話すのが一番手っ取り早いけど・・・

語学が苦手な人が多そうだね



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 07:13:12.55 ID:/E3FlSVzO
人間は考える葦である
考えるのを辞めてしまったら葦程の価値でしかない


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:34:24.54 ID:5vH1EyUa0
人は考える芦田まなである     ~ロダン~          
asidamana




引用元 http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362680811/
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 [単行本]
ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上) [単行本(ソフトカバー)]
人生が変わる哲学の教室 [単行本(ソフトカバー)]